胡蝶蘭の役割

MENU

日本にはしきたりとしてうれしいことやおめでたいことがあった場合に贈り物をするという風習がありますが、このような風習があることによってもらう側もあげる側も一つのおめでだいことにつながっていきます。
また、お祝いは個人だけでなくビジネスのつながりがある人に対して贈るのも一般的となっていますが、ビジネスでの贈り物がしっかりできるマナーのある人は会社や取引先から好かれすく一つのビジネスチャンスにつながるようなことがあります。

 

しかしながら、これまでにあまり贈り物をしたことがない人はどのような流れで贈ったらいいのかわからないという人も多いと思いますが、ビジネスマナーがしっかり守れてない人はどれだけ高価なものを渡しても反対にマナー知らずとしてマイナスポイントになる可能性もあるので怖いところです。

 

ビジネス祝いの中でも比較的多いのが事務所を移転するに伴ってお祝いするケースですが、移転祝いには胡蝶蘭が贈られることが多くなっているものの、他の観葉植物を送りものとして贈るという方法でも構いません。
移転祝いの場合であればお店の場合も多いので、そのお店の雰囲気にあっている観葉植物を贈るのも方法としてあり、その場合は植物がもっている花言葉のような意味をきちんと理解した上で贈ることもマナーになります。
また、胡蝶蘭などになると値段もそこそこ高くなってきますが、相場に比べて安すぎるものを贈るのも社会人としてどうかと思われてしまうことがある一方で、相場より高すぎるものを贈るのも相手に気を使わせてしまうことになるのでマナーの観点から考えるとあまり良いとはされません。

 

昔に比べるとお祝いの花や観葉植物などはインターネットを用いることによって購入することができるようになったのでいろいろあるお店の情報を比較しながら最終的に選んでいくという方法も可能になっていて口コミや評判などを調べることでよりお店の信ぴょう性は高まります。